スーツの着こなし

やっぱり第一印象は重要
ビシッとスーツを着こなす!



スーツの着こなし

スーツの着こなしは、サラリーマンのみならず女性にとっても極めて重要なポイントです。いまや仕事上でスーツを着用する女性も増えましたし、パーティーや結婚式などで、ビシッとスーツを着こなせるというのは大切なことです。


スーツの着こなし次第で、「この人はできる人だ。」という好印象を与えることにもなりますし、逆にだらしない格好でスーツの着こなしができていないと、「この人は信用できない。」という評価にも繋がりかねません。


人を見た目で判断してはいけませんが、やはり人間というのは見た目・第一印象によってその評価が大きく左右されてしまうという現実もあります。


スーツ着こなしの基本は清潔にすること。スーツやシャツが汚れていては着こなし失格です。
またシャツとネクタイのバランスも大切です。スーツのサイズはやや小さ目を選び、フィットする感じにすると着こなしとしては上々です。


Yahoo!ショッピングでスーツを探すYahoo!ショッピングでワイシャツを探す

スーツ着こなしとポケットのフラップ

スーツの着こなしで気になるのはポケットのフラップ(耳、ふた)です
。屋外では出し、室内ではしまうのがマナーだという意見もありますが、一般的にはポケットのフラップは、外に出します。また胸ポケットにフラップがあるという場合は、中にしまっておくのがベターでしょう。


ですが、スーツ着こなしとポケットのフラップについては、あまり深刻に考えずに、しまっても出したままでもそれほど問題にはなりません。
ただしポケットに物を詰め込みすぎるのは、スーツの着こなしとしては失格です。


ポケットが物でパンパンになっているのは、シルエットが崩れるうえに、じつに不格好ですから注意しましょう。

ボタンとスーツの着こなし

ボタンの数によって、スーツの着こなしにもルールがあります。
2つボタンのスーツの着こなしは、上のボタンだけをかけます。3つボタンのスーツの着こなしは、上の2つのボタンをかけるか、もしくは真ん中のボタンだけをかけるという2つの着こなしがあります。
スーツのボタンの掛け違いは、目立つ割には意外と気がつかないものです。




< あがり症を克服する方法 >


挨拶に自己紹介…いろんなドキドキが多い新生活
大勢の人前でも、緊張せずに堂々と話したい。あがり症を克服して、自信を取り戻したい。
実は、あがり症は正しい克服方法さえ実践すればカンタンに治ってしまうといいます。


⇒ 65,089人が成功したプロが伝授する、あがり症克服法