生活便利帳 > カニサボテンの育て方

カニサボテンの特徴

カニサボテンというサボテンをご存知でしょうか?名前のとおり、葉がカニのハサミのような形になっているサボテンです。カニサボテンは高温に弱い性質があって、ちょっと育て方が難しいい印象があります。カニサボテンは気温が28度を超えると、とたんに弱まってしまうんです。夏場などは涼しい場所に移すようにし、土の表面が乾いてきたら水をたっぷりとあげます。カニサボテンは花も咲かせてくれます。カニサボテンが花をつけるのは12月から3月くらいの寒い時期。赤やピンク、オレンジといった非常に鮮やかな花を咲かせてくれます。

スポンサードリンク

カニサボテンの手入れ方法

カニサボテンの育て方を紹介します。まずポイントとなるのは水の与え方。夏場などは比較的たっぷりめに水をあげますが、土の乾き具合を目安に一週間から10日に一回、たっぷり与えるという手入れが良いようです。暑い時期などは、ついつい水をあげたくなってしまうものですが、夏季の水の与えすぎは禁物です。また冬場のカニサボテンの育て方は、土の表面が乾いたなぁと思っても、数日待ってから水を与えます。こうすることでカニサボテンの根腐れを防ぎます。カニサボテンは環境の変化に弱い植物ですので、手入れや差し替えには注意が必要です。準備する用土には、排水に優れた通気性の良いものを使います。カニサボテンノ置き場としては、夏場は涼しい場所におき、冬場は凍らない寒すぎない場所で管理しましょう。

スポンサードリンク

カニサボテンの花

カニサボテンの花は、白やピンク、オレンジなどと綺麗な彩をみせてくれます。カニサボテンが花をつけるのは、12月から3月の寒い時期です。カニサボテンは花を咲かせるまえに、蕾が落ちてしまう場合があります。カニサボテンの蕾は、環境の変化に非常に敏感ですから、それまで育っていた環境が変わったり、水分不足になったりすると落ちてしまいます。カニサボテンの花を綺麗に咲かせるためには、きちんと剪定をしてあげることと、春から夏にかけての暖かなシーズンには、太陽の光をしっかりを浴びさせることが大切です。綺麗な花を咲かせてくれます。カニサボテンを大切に育てましょう。

スポンサードリンク

カニサボテンの育て方