生活便利帳 > フェラーリエンブレム

フェラーリのエンブレム

フェラーリのエンブレムは、誰もが知っている跳ね馬ですね。フェラーリというのはF1にも登場する世界的なスーパーカーですから、シンボルマークが跳ね馬のエンブレムだというのは、車に詳しくない人でも知っています。いまやフェラーリは、ミニカーからラジコン、博物館、壁紙、ステッカーなど関連グッズであふれています。ちなみにフェラーリのエンブレム、イタリア語ではカヴァッリーノ・ランパンテと呼ばれていて、日本語にするとそのまま「跳ね馬」という意味なんですが、なんと由来はドイツのシュツットガルト市の市章からきています。フェラーリはイタリアを代表する自動車メーカーなのに不思議だと思いませんか?

スポンサードリンク

フェラーリエンブレムの由来

フェラーリの特徴的な跳ね馬のエンブレムが何故ドイツに由来しているのか?これには戦争が関係しています。フェラーリを創業したのは有名なエンツォ・フェラーリという人で、1947年のことです。エンツォにはアルフレードという兄がいて、アルフレードが所属していた第91飛行隊のエンブレムをフェラーリのエンブレムとして使ったのです。これは第一次世界大戦中のイタリア空軍における話です。じつは第91飛行隊が使っていたエンブレムは、バラッカ少佐という人が追撃したドイツのパイロットがつけていた紋章から取られたものだったのです。つまりフェラーリのエンブレムは、当時敵国だったドイツのパイロットから取られた紋章だったために、イタリア者であるにもかかわらず、跳ね馬の由来はドイツにあったのです。

スポンサードリンク

唯一フェラーリエンブレムのない車とは

フェラーリといえば跳ね馬のエンブレムが有名で、フェラーリが発売した市販車には全て跳ね馬が付いていると言われていますが、そんななか歴代のフェラーリのなかで唯一、フェラーリエンブレムをつけていない車が存在するんです。その車の名はディノといいます。ディノにフェラーリエンブレムが付いていない理由としては、いろいろいわれはありますが、フェラーリは12気筒エンジンにこだわっていましたが、ディノは気軽に街乗りができるようにと6気筒エンジンを搭載したということ。またディノのエンジンが自社製品ではなかったこと。さらにディノというのはエンツォの息子の愛称からつけられた名前で、ディノの本名はエンツォの兄とおなじアルフレードだったのですが、アルフレードはディノの発売を見ることなく、24歳の若さで亡くなってしまったそうです。このあたりがディノがフェラーリ車のなかで唯一、跳ね馬のエンブレムが付いていな理由だといわれています。

スポンサードリンク

フェラーリエンブレム