ドイツ語学習 : 第二外国語として人気

教室に通うことなく、お金をかけずに
ドイツ語を最短でマスターする勉強法

わずか76日でドイツ語をマスターした効果的な勉強法


【革新的ドイツ語攻略法】 10倍速ドイツ語脳育成プログラム
〜ネイティブ音声・トレーニング演習問題付〜



ドイツ語を学習しよう

ドイツ語学習

ドイツ語学習を行っている人は結構多いようです。NHKでもドイツ語学習の講座をやっているほどですからね。世界でドイツ語を話す人口は、およそ1億2000万人と言われています。


私たちの暮らす日本とほぼ同じなんですね。
がんばってドイツ語を学習する価値はあると思います。


ちなみにドイツ語を話す国は、ドイツ、オーストリア、スイス、リヒテンシュタイン、ルクセンブルク、ベルギーの一部、イタリア北部、フランス東部などでしょうか。日本の大学事情では、ドイツ語学習は第二外国語として人気なんです。


ドイツ語を学習すれば、ドイツにある数多くの優れた文化、哲学、音楽などの真髄を味わうことができるでしょう。


またドイツ語は、EU(欧州連合)が定める公用語のひとつでもありますし、インターネットの使用人口も世界第5位なんです。ちなみに第1位が英語、第2位が中国語、第3位がスペイン語、第4位が日本語、第5位がドイツ語です。




ドイツ語学習のポイントと会話

ドイツ語学習

ドイツ語の学習は難しいとよく言われます。
日本の大学では英語に次ぐ、第二外国語として人気のドイツ語ですが、スムーズに学習が進まない場合も少なくないようです。


ドイツ語の学習がむずかしいといわれる点は、まず「文法」。
ドイツ語は、英語に比べて格変化が多く覚えるのが難しいのです。


もう一点は、名詞の数、ドイツ語では名詞のなかに男性名詞、女性名詞、中性名詞といった概念があります。


これもドイツ語学習者を悩ませるポイントの一つです。
しかしドイツ語が何からなにまで難しいというわけではありません。


ドイツ語は、リスニングやスピーチなど、実際に会話として話すことを考えると、それほど難しい言語ではないと言われます。ドイツ語は基本的に書かれているとおりに発音するので、はっきりとした発音が多く、会話として話しやすく聞き取りやすいのですね。


ドイツ語を話せるようになりたい方へ


今のままの勉強法では、
ひょっとしたらあなたのドイツ語はいつまでたっても上達しないかも知れません。 

>> 10倍速くドイツ語を学習する方法はこちら



ドイツ語を学習して挨拶(あいさつ)をしよう

ドイツ語の挨拶を覚えましょう。ちょっとした挨拶の言葉を覚えておくだけでも、印象はちがうと思います。
まずは挨拶の基本「こんにちは」。ドイツ語で書くと「Guten Tag」、読み方は「グーテンターグ」です。
つぎはお礼の言葉「ありがとう」。これをドイツ語で書くと「Danke」、読み方は「ダンケ」です。


お礼を言われて返す「どういたしまして」。ドイツ語では「Keine Ursache」、「カイネ ウアザッテ」と読みます。
次にお別れの挨拶「さようなら」。ドイツ語で書くと「Auf Wiedersehen」、読み方は「アウフ ヴィーダゼイエン」となります。


テレビでドイツ語というNHKのドイツ語講座なども有名ですね。
ドイツ語をたくさん覚えて、どんどんドイツ語での会話を楽しみましょう。